痩身エステの次の日、筋肉痛や気怠さの原因は?

MENU

痩身エステの次の日、筋肉痛や気怠さの原因は?

痩身エステ 次の日

 

美しいプロポーションを手に入れたいと考え、痩身エステを利用する人が増えています。自分でダイエットをするよりもはるかに効率的なことも多いですし、何より部分痩せも行えるのが非常に魅力的です。激しい運動をしたり厳しい食事制限をしたりなどの苦労もありませんので、ダイエットをする人にとっては非常に有効な手段となっています。

 

痩身エステでは様々な機械が導入されていて脂肪を分解したり排出させたり、燃焼効果をアップさせることもできますし、ハンドマッサージによって心地良い時間を過ごすこともできます。このままスムーズに効果だけを感じることができれば良いのですが、痩身エステを受けた次の日には何だか体がだるく感じたり筋肉痛になることもあります。

 

施術の次の日にこのようなことが起こる原因として主に考えられるのは筋肉の疲労です。痩身を目的とした施術では低周波を使って筋肉運動を促したり、遠赤外線を使って血行を促進して代謝をアップさせたりします。その際には大量の汗をかくのですが、汗をかくということは激しい運動をした時と同じような状態だと見ることができます。

 

筋肉疲労を感じる時には体を冷やさないようにしてよく休ませることが大切です。疲労ですから、時間の経過と共に徐々に良くなっていきます。筋肉が疲労するほどの作用を得られているということは、痩身においては高い効果を期待できる証拠でもありますので、結果が楽しみになります。

 

他にも痩身エステの施術によっては次の日に揉み返しの症状が起こることもあります。よくあるのが肩が凝っていて急に揉みほぐすと揉み返しが起こってほぐす前と同じ状態になったり、それ以上に痛みを感じるようになるケースがありますが、正にそれと同じ状態です。施術によって急に筋肉がほぐされて、溜まっていた老廃物が急激に流れ出ることで体がだるく感じてしまいます。だるく感じると何か悪い影響があったのではないかと不安になってしまいますが、好転反応の一種と考えられますので心配する必要はありません。

 

好転反応が起こると、多くの場合は一時的に体がだるくなります。部位によっては筋肉痛も起こるのですが、続けて受けているうちに感じにくくなりますし、痩身の効果もしっかりと得られるようになりますので、結果が出るまでの過程の一つという程度に考えておけば良いようです。この好転反応は長くても数日間のことですので、その間はゆったりと過ごすことが大切です。